ちょこざいなブログめが!

略して「ざいめが」。(なぜそこで切る)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11/27までのコメントお返事 | main | 鼻の低い天狗 >>
ローズウィップ

綺麗な薔薇にはトゲがあるのさ!!(蔵馬ちがい)

11/26快晴、牛若丸ゆかりの鞍馬山へお参りしてきました。
画像は鞍馬駅を出たすぐのところでお出迎えしてくれる大きな天狗さん!観光客たちがわらわらと集まり写真を撮っている姿を見て「いやぁねえ、これだからニワカは困るのよぉ(´Д`)」と言いながらいそいそと写真を撮っていたのは私です。ニワカも玄人もないっつーの。失礼極まりない奴だな!
しかしちょっと出発が遅れたため、現地に着いた時には「牛若餅」が売り切れておりました…ショック…あれ柔らかくて美味しいのにー!次回は早めに行ってゲットするぞ!




紅葉シーズン真っ盛りでお天気のいい土曜日ということもあり、電車もお寺も山も人だらけでした。
特に叡山電車はひどい、出町柳〜鞍馬の30分間全く身動きがとれないwww
「もみじのトンネル」?そんなもん見えなかったよ!。・゚・(ノД`)・゚・。
この時期、京都の電車全般が殺人的混み具合になるのは覚悟していたんですが、それにしても凄かった。でも牛若丸に会うため頑張りました。
こういう考え方がキモイって?うん知ってる!!!
だって、今回の目的は紅葉ではなく「牛若丸へのご挨拶」だったからです。…ってドン引きせんといてー!!
おと注をサイトで連載し始めてから、鞍馬にお参りしたのは初めてですからね。牛若には散々「チビ」だの「ナチュラルナルシスト」だの「ダブル眉毛」だの「ジジイ口調」だの好き勝手やっちゃってるので、謝罪の意味も込めて…(;´∀`)

でも私が一番謝らなくちゃいけないのは桃太郎と浦島太郎だよな。不憫なキャラ付けですみません…
しかし牛若丸は史実の人物(源義経)が元になったお話だから色々ゆかりの場所を調べやすいんだけど、他の人達って難しいんだよなあ。桃太郎は岡山が県をあげて推してくれてるし、金太郎も比較的分かり易い気はするけど。
そんなワケで「おと注六人ゆかりの土地はココにもあるぜ!」的な情報下さると嬉しいです!コノヤロウ結局人頼みかよ!生きててすみません。



源義経公供養塔。
いつもここで「よっつねー!大好きだよー!」と心の中で叫びます。


さて肝心のお参り。いつも私が行く時は人が少なくて静かな「義経堂」、沢山の人がお参りしていてちょっと感動しました。
私も心の中で「ウオオオオ遮那王、ウオオオオオーー!!」と念じながら拝んできました。お前どこのクマ吉君だよ。変態という名の紳士か。
参拝とはいえ山登りなのである程度気合いを入れて行ったつもりでしたが…甘かった。下山して貴船神社にお参りする頃には足がガックガクになってました。既に筋肉痛だったよ!
あんな山で毎晩天狗と修行に励んでいた牛若丸ってすげえなと再確認しました。そら弁慶も泣くわ。
CIMG1599.jpg
こんな山だもんな!



夜は貴船周辺でのもみじ灯篭が凄く綺麗で幻想的でした。


いやあ〜…やっぱり紅葉っていいわ。秋っていいわ。日本大好き。

牛若パワーを頂いた(ような気がする)ので、俄然やる気が出てきました。
今後の予定ですが、おと注第四話はジャスト70ページになります!水あめもそろそろ更新しないと!
皆様の拍手・投票が非常に励みになっています。ありがとうございます。今日も一日頑張るぞー!
| おとぎ六人衆ゆかりの地めぐり |